CPAPを使用する事で気道を強制的に広げる

CPAPを使用する事で気道を強制的に広げる

気道に圧力をかけるなんちゃって反対に身体によくないような気もしますが、患者さんの多くは喉の組織が内側に入ってしまいましたとして気道を小さく狭め、空気が通るごとに震えます。そうお考えの方もおられますが、睡眠時無呼吸症候群は重症になるとあなた様の寿命を縮めてしまいましているのです。

そのマスクから空気を送りつけ気道に圧力をかけると言うやり方で、今一番睡眠時無呼吸症候群に優良とされてるものでしょう。自分は1人で寝ているからいびきをかいても邪魔になりません。

CPAPを使用する事で気道を強制的に広げるのでいびきもかきませんし、無呼吸状態にもなることはなくなったのです。すべての睡眠時無呼吸症候群やいびきにお悩みの方だったらCPAPといいますのの存在をすでにご存知いると言う方も一杯はずなのです。

CPAPという治療を知ってですか?ある意味シーパップと読み、睡眠時無呼吸症候群に有効な治療方法なんです。中々本格的な治療に踏み込めないと言う方や、どういうなものなのかよく知らないと言う方は一度CPAPをお試しになると翌朝のスッキリ感に驚かれるためはないか?いびきや無呼吸と言うのはとっても身体に負担をかけていて、そうした状態で睡眠しても疲れは取れません。

さらに、確定診断でAHが20以上、スクリーニング検査でAHが40以上だったら保険診療も適用させられるため、気軽にSPAP治療を行うことが出来ます。では具体的にどういうな事をするのだろうか?方法は睡眠時に鼻にマスクをつけて眠ります。

事実、SPAPで治療をした方の多くは何も治療をしてもない患者さんに比べ長生きする傾向があって、いかに睡眠時無呼吸症候群が恐ろしいものなのかが伺えます。機械から出る風の圧力で喉や気道内に十分空気が通る空間が生まれているので組織が震えると言う事も無くなり、しかもその効果は1回目から感じることが出来ます。

とってもシンプルなやり方だから、お勧めできる。これが要するに「いびき」となり無呼吸状態を引き起こします。


ホーム RSS購読 サイトマップ